公式Webサイトをリニューアル致しました

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一関・両磐から国会議員を!~②国民の声が届かない地域に

一関を含む両磐地区は、昔から多くの著名な政治家を輩出してきた地域です。
そしてその政治家の活躍で多くの恩恵を受けて来た地域です。
高速道路もあり、新幹線もある。加えて日本を代表する企業が工場を構える。
他の岩手県南の街ではあり得ないことです。
それは地理的に優位だということだけではなく、政治的に太いパイプを持っていたからではないでしょうか。
しかし、小選挙区が導入されてからの13年間、万年野党の政治家を選んで来たために、その地位が揺らぎ始めています。
ただ与党を批判するだけで、何もしない政治家を選んで、何かメリットがあったのでしょうか?

細田幹事長来る!~遠野市

kajicyou
8月9日、細田幹事長に遠野市に来て頂きました。
JA生活センターに集まった300人以上の聴衆を前に熱弁をふるって頂きました。
本当に感謝いたしております。
さて、幹事長は民主党の政策の矛盾点を分かり易く説明してくださいました。
特に、農家への所得補償制度について、
①農産物の自由化が前提であること
②対象品目が明確でないこと
③財源の見通しが全く立っていないこと

などを分かり易く話してくれました。
会場に来た皆さんも熱心に聞きいっていました。
いかにいい加減な政策であるか分かって頂けたと思います。
私は民主党の言う所得補償制度は天下の愚策だと思っています。
おりしも前日、小沢氏が遊説先で「FTAを締結して農産物が国内に入ってきても、所得補償するから問題ない」と、ほかの民主党幹部との考え方の違いを明らかにしました。
小沢氏は農業のことを何も分かっていないようですね。
農産物自由化したら日本の農家は壊滅ですよ。
日本人が日本のものを食べることができなくなります。
小沢さん。
東京にばかりいないで、ふるさと岩手の農家の方々に教えてもらった方がいいのではないですか?

ふるさと大船渡のために働きます!~②県民の生活より派閥拡大が第一

小選挙区が導入されてから13年間、岩手3区からはいつも小沢氏のグループの政治家が国会議員として選ばれてきました。
そして、その政治家も小沢氏と同様に政党を転々としてきました。
「新生党→新進党→自由党→民主党」と、ただ派閥や勢力拡大ばかり追い求めて、地元のことについては何の仕事もして来なかったのではないでしょうか?
まさに、県民の生活より派閥拡大が第一だったのです。
これでは、気仙地方の発展は遅れるばかりです。

一関・両磐から国会議員を!~①一関の発展なくして、岩手県南の発展はありえない!

oohara
一関は自他ともに認める「岩手県南の中心都市」です。
人口の規模、経済の規模、どれをとっても県南で最大の街です。
それは、裏返せば政治的にも経済的にも多くの影響力を持っている街であるということです。
一関の発展が岩手県南の将来を左右すると言っても過言ではありません。
(※写真は菅選対副委員長の大原での街頭演説)

ふるさと大船渡のために働きます!~①政治選択の意味

noukyoukaikan
大船渡を含む気仙地方は長らく経済の低迷にあえいでいます。
特に、この10年は都会の景気が良くなっても、地方にその恩恵が波及してこない状態が続いています。
いったいなぜなのでしょうか?
いくつか理由は考えられますが、その一つに政治選択があることは間違いありません。

前頁へ移動する  | HOME |  次頁へ移動する

携帯でもブログ はしもと日記

QR

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

橋本英教(ハシモトヒデノリ)

Author:橋本英教(ハシモトヒデノリ)
岩手県民で政治家。自民党岩手三区支部長。岩手の、そして日本の為に活動中です。

カテゴリ

未分類 (0)
橋本ひでのりが提案する新しい政策 (7)
地元、大船渡のために働きます! (3)
民主党のバラ色の政策を斬る! (4)
一関・両磐から国会議員を (3)
政治とカネ (7)
小沢氏は天の声を説明せよ (5)
地域医療問題 (11)
事務所案内 (3)
活動報告 (83)
日記 (37)
お知らせ (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。