公式Webサイトをリニューアル致しました

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はしもとひでのりが提案する新しい政策②~必要な道路は造らなければならない!

kamigou
医療や産業など、地方の生活の全てに影響を及ぼすのが道路です。
都会の人は「田舎に道路は必要ない」と言いますが、それは都会の人の身勝手(みがって)な考えです。
地方に住む人間にとって、いまや道路は産業や生活のためだけではなく、救急医療にとってもなくてはならないものです。
特に三陸縦貫道や釜石横断道は岩手県南地方にとってもっとも重要な道路です。
民主党は公共事業を半分にすると言っています。そんなことをしたら岩手のような田舎には新しい道路はできなくなってしまうでしょう。
地方軽視の民主党の道路政策は余りに無責任です。
(※写真は「くどう勝子県政報告会」上郷会場)

はしもとひでのりが提案する新しい政策①~減反見直しが急務だ!

yasakae
今や、日本国民の3%に満たない人々(平成20年で298万人)が日本の食料の大半を支えています。
そのうち、約半数近く(140万人)が70歳以上の高齢者です。
現在39歳以下の若い農業従事者はわずか25万人しかいません。
このような現状を見たときに、政府の進める専業化や大規模化だけで日本の食料をまかなうことは非現実的です。
私は日本の農業を守るためには、高齢者や兼業農家が農業を続けていくことができる農政に転換すべきだと考えています。
具体的には、
①全国一律の減反政策を見直し、地域の実情にあった作物を増産する体制を築く
②コメの取引価格を市場に委ねるのではなく、政府が市場に介入し価格の下支えをする
などの政策を実行すべきです。
日本の農業を守り、食料の自給率を上げることは安全保障にも関わる重要な問題です。
安ければ良いという都会の方々に、自国で食料を作る大切さを理解してもらわなければなりません。
(※写真は「はしもとひでのり君と語る会」弥栄会場)

前頁へ移動する  | HOME |  次頁へ移動する

携帯でもブログ はしもと日記

QR

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

橋本英教(ハシモトヒデノリ)

Author:橋本英教(ハシモトヒデノリ)
岩手県民で政治家。自民党岩手三区支部長。岩手の、そして日本の為に活動中です。

カテゴリ

未分類 (0)
橋本ひでのりが提案する新しい政策 (7)
地元、大船渡のために働きます! (3)
民主党のバラ色の政策を斬る! (4)
一関・両磐から国会議員を (3)
政治とカネ (7)
小沢氏は天の声を説明せよ (5)
地域医療問題 (11)
事務所案内 (3)
活動報告 (83)
日記 (37)
お知らせ (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。