公式Webサイトをリニューアル致しました

2008-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業の現場を見る~平泉町

え
今日は朝から平泉町の挨拶まわり。農家の方々から現状を聞いてまわりました。
やっぱり厳しい。収益も後継者問題も。
自民党も反省しなければならないことは多い。なぜなら、必ずしも農業政策がうまくいっていないからだ。
特に、全国一律の減反政策に対する反発は根強いものがある。
自民党の農業政策は変わんなきゃならないんだと思う。民主党の所得補償政策は論外だけど、働いた分だけ収益が上がるような仕組みを作らなければならないんだ。
いい政策を打とう。政治主導で。
農水省の役人に任してなんかいられない!
スポンサーサイト

自民公明合同大会~釜石市

u
昨日、自民党と公明党の合同の会合が釜石市で開催されました。次期衆院選で公明党から比例代表で立候補を予定している若松かねしげさんと僕が挨拶をさせて頂きました。
それにしても、若松さん、話がうまい。政策はもちろんだけれど、終盤の盛り上がりはちょっと真似が出来ない。僕も参考にしよう。あのエネルギッシュな勢いは人を魅了するはずだ。
やっぱり毎日勉強です。話し方ひとつ、表現ひとつ。学ぶことは多いです。

座談会~大船渡市立根町和村

い
今日はふるさと大船渡市で座談会を開催しました。場所は立根町。読み方は「たっこん」と読みます。地元の方々に30名以上集まって頂きました。ありがとうございます。
僕の挨拶は早々に切り上げて、皆さんからの意見や要望を聞く形式にしました。企業誘致の要望や市道の改良など身近な生活の話がほとんどでした。やはり大船渡は職場が少ないんだよね。もう何十年も言われ続けている課題だ。
今、気仙地区からは民主党の国会議員が二人も出ているけれども、彼らはこういう皆さんの声を聞いているのだろうか。また、どう応えているのだろうか?
口を開けば、小沢党首がああ言ったとか、こう言ったとか、そんな話ばかりだ。実はそんなことはどうでもいい話なんだ。今、大船渡の皆さんが求めているのは、そんなことじゃない。
仕事で示して欲しい、結果を出して欲しい、これが本音だと思う。
批判するだけで、何もしない民主党への期待感が薄れて来ているのは間違いない。

あったりでの出会い~大船渡市赤崎町合足地区

あ
世の中には変わった名前の地名があります。ここ合足(あったり)地区も地元の人以外は読めないと思います。僕は小さい時から「あったり」という音を祖父母から聞いていましたが、どういう漢字を書くかを知ったのは10年前です。
ちょうど10年前、僕は無謀にも小沢王国で反小沢の選挙に挑みました。その時に知り合ったのが、写真の右側のポスターを持っている古内さんです。以来10年にわたってずっと支援してくれています。
今日も「今度こそな!」と励ましてくれました。そのたびに涙がこぼれます。
「期待に応えなければならない」という思いを強く心に刻んだ朝でした。

何もしない政治家はいらない~住田町

住田会合
今日は住田町で挨拶まわり。
佐藤啓一さんと阿倍祐一さんが終日ご案内してくれました。
夜は自民党住田町支部主催の懇談会。地区幹事の方々と地域の課題などについて懇談しました。
実は今日、非常に印象に残ったことがありました。20軒にも満たない小さな集落に行った時のこと、あるお婆さんが私にこう話したのです。
「20年も前から県会議員や国会議員に頼んできたのに何もしてくれなかった。」と。
中身を聞いて、また驚いたのですが、ちょっとした河川の護岸工事なのです。私も現場を見たのですが、なんでこの程度のことができないのか、正直わかりませんでした。
たぶん、何もしてないのでしょう。
「はい、はい、分かりました。」と言って、実際は手をつけてないのでしょう。
いい加減な話だ。
政治家には足跡が残るんです。仕事をしたかどうかは結果を見れば歴然です。
少なくとも、我がふるさと岩手には「何もしない政治家はいらない」のです。

本当の仕事

株価がまた下がった。円高も進んでいる。外需中心で経済を牽引してきた日本経済にとって悪い状況が進んでいる。
地方経済は悲惨だ。多くの人々が生活水準を下げざるを得ない状況になっている。
こういう状況で選挙はすべきではないと思う。
民主党はすぐに選挙だと騒いでいるが、本当にそういう感覚でいいのか。少なくとも「国民の生活が第一」とうたっているなら、あまりに無責任な態度ではないかと思う。
今、国民が求めているのは景気対策だ。麻生総理にはそれだけ考えていただきたいと思う。
ホテルのバーに行っても結構。一日の疲れを癒し、翌日の英気を養い、より良い仕事をしてもらうなら、むしろ大歓迎だ。
ところで、なんでこんなことが取り上げられるのかね。毎日、晩酌している全国のお父さんと一緒だろう。麻生は晩酌してダメなのか?
マスコミの皆さんもいい加減にしたほうがいい。枝葉末節のことばかり取り上げてどうするのか。ほかに仕事ないの?

考えられない買い物

やっぱり出てきたよ。考えられない買い物が。
岩手県の補助金流用問題で使途の一部が報道された。USBメモリー200個を購入。支払額306万円。1個あたり1万5千円だって。この間、家電量販店で4GBのフラッシュメモリーを買ったけど、3000円しなかったよ。数年前の話だとしても高い。
おかしくないか。
自分のお金じゃなく、他人のお金だと思っていい加減な買い物したんでしょう、たぶん。
岩手県の担当者は支出の正当性を主張しているようだが、少なくとも価格は適正ではなかったことだけは間違いない。
年収200万円に満たない県民がこんなに多いのに、県民の公僕たる県職員はいったい何をしてるのだろうね。
やっぱり、公務員制度改革は待ったなしだ。

岩手県の補助金流用問題~徹底した真相究明を求める

補助金流用の問題が発覚した。実にいい加減で、許しがたい行為だ。
世の中をなめているとしかいいようがない。一日も早く真相解明してもらうことを希望する。
ところで、この問題に関して奇妙な言い訳が目立つ。役所の縦割りが悪いとか、補助金の制度が悪いとか。
一番ひどい言い訳は「私的流用はなかった」だね。
私的流用がなかったらいいのかね?
本当に?
全く意味不明の釈明だと思うよ。
役所の縦割りとか、補助金制度に問題があるのは誰だってわかってるよ。
しかし、それとこれとは話が違う。
論点をすり替えてもらっては困る。
制度や運用に問題があれば、きちんと話し合って直せばいいではないか。
そういう汗もかかずに、国民の知らないところで税金を流用したことに、なんの正当性もないはずだ。
徹底した真相究明を求めます。
岩手県知事さん、お願い致します。

猪口邦子代議士を迎えて~陸前高田市の時局講演会

高田
今日は猪口邦子元国務大臣をお招きして陸前高田市で時局講演会が開催されました。
陸前高田市に政権与党の国会議員が来るのは何年ぶりなんだろうか?
集まった皆さんはほとんど記憶にないと言っています。陸前高田市支部の皆さんのご尽力で大盛況のうちに終了しました。感謝、感謝です。
それにしても恐ろしいよね。陸前高田の多くの方々には、小沢民主党寄りの情報しか入ってこないような状況が続いていたので、その情報が正しいかどうか検証できない環境になっていたんですね。
ちょっと前の大船渡みたいだ。
そういう意味では猪口代議士に現実の政治の話をしていただいて良かったです。
さて、明日は佐々木しげみつさんと、後援会回りをします。
陸前高田も変わったなあ、動いてる。
やっぱり、みんな思ってるんだ。
ただ反対するだけの野党はうんざりだ。「何もしない政治家はいらない」と。

小友の夕暮れ~陸前高田市

小友漁港からの夕焼け
今日は終日、陸前高田市の支持者を訪ねました。
写真は夕暮れの小友漁港からの風景です。陸前高田市はカキの生産が盛んな地域です。写真の風景はカキ棚と呼ばれているものです。都会の人は分からないと思うけど、こういうところでカキが生産されているんです。
これからカキの季節です。みんな、岩手のカキ食べてね。

はしもとひでのり君と語る会~遠野市

B
今日は遠野市で座談会がありました。多くの方々にお集まりいただき、農業、医師不足、道路、景気など多くの課題について質問がありました。
僕はまだバッジをつけていないので、責任ある解答を示すことはできないのですが、自分が考える方向を皆さんにお話ししました。自民党の政策がすべて正しいわけではなく、当然見直さなければならないこともあると思っていましたが、やはりそのとおり。お集まりいただいた方々のほとんどが自民党支持者でしたが、個別の政策については様々な意見があることを実感しました。そういう意味では自由に意見交換が出来て充実した時間を過ごせました。
さて、こういった時間を過ごしながら、ふと思ったことがあります。それは何か。自民党って自由な意見を主張できるんだなあ。自民党の支持者はある意味勝手なことを言えるんだんなあと。
ひるがえって小沢民主党ってどうだろうか。
まるで腫れ物に触るように小沢氏の発言に神経質になっている。おそらく自由に意見を言う雰囲気がないんだろう。
まるで北朝鮮だな。
自由闊達な議論が出来ない政党に未来はないと思う。

民話の里遠野にて

A
今日は民話の里、遠野市の挨拶まわりをしました。
写真は土淵地区の水車の前です。
近くには柳田国男が遠野物語を書くきっかけとなった佐々木喜善(きぜん)の生家があり、今も遠野物語の風景が残っています。挨拶まわりをしながら、遠野物語に出てくる場所を巡ることが出来て、ある意味おもしろい時間を過ごしました。
ところで皆さん、「デンデラ野」ってわかります?
僕も知らなかった。
どんなところだって?
うーん、歴史ってのは重いなあと思います。是非、自分で調べてみてください。

大原は亡き父の故郷だった

挨拶まわり大原
しばらくご無沙汰してました。ブログは休んでいても活動は休んでません。
写真は8日水曜日に一関市大東町大原地区を歩いた時のものです。
お隣の方は地元選出の伊東市議です。午前中いっぱい、伊東市議の後援会の挨拶まわりをさせていただきました。ちなみに伊東市議の息子さんは北里大学で医師をしており、お名前が私といっしょの「ひでのり」さんです。そんな御縁もあって一生懸命ご支援いただいております。
さて、ここ大原地区は私の祖父が警察の駐在として住んでいたところです。私の父も大原小学校の卒業です。今日も亡き父の同級生という方に何人もお会いしました。皆さん、見たこともない僕を「克彦君の息子だ」と応援してくれていました。
ありがたい。がんばるエネルギーを頂きました。
そう言えば、お盆以来お墓参りに行っていないなあ。今度、大船渡に行った時に拝んで来よう。

神出鬼没?

一週間のご無沙汰です。
ブログをこんなにサボったので、誰もアクセスしなくなったかも。
残念。(元はたようく)
つまらないギャグは止めにして、この一週間の活動報告です。
花泉、藤沢、大船渡、大槌、また大船渡と、毎日歩いています。
明日はあなたのところに僕が行くかも。
神出鬼没の「はしもとひでのり」です。

一関市後援会まわり~厳美

挨拶まわり厳美
解散・総選挙だと世の中が騒がしくなってきましたが、僕は予定通り毎日後援会まわりをしています。
おとといは藤沢町、昨日は釜石市、そして今日は一関市厳美町です。宮城県と秋田県の県境の手前まで行って来ました。一緒に回ってくれたのは槻山(つきやま)隆さん。温厚で行動力のある一関市議会議員です。
写真は後援会まわりで訪れたおばあちゃんから昔話を聞いて笑っているところです。コーヒーも御馳走になりました。ありがとうございました。
うれしかったのは、僕のポスターを見ていてくれて、僕の顔を知っていてくれたことです。去年の10月から1年かけて、街宣車での活動と並行して、「橋本ポスター」を8000枚以貼って来た甲斐がありました。
良かった。
さて、明日は花泉町です。花泉町にも200枚以上ポスターを貼っています。明日もはりきっていくぞ!

前頁へ移動する  | HOME |  次頁へ移動する

携帯でもブログ はしもと日記

QR

カレンダー(月別)

09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

橋本英教(ハシモトヒデノリ)

Author:橋本英教(ハシモトヒデノリ)
岩手県民で政治家。自民党岩手三区支部長。岩手の、そして日本の為に活動中です。

カテゴリ

未分類 (0)
橋本ひでのりが提案する新しい政策 (7)
地元、大船渡のために働きます! (3)
民主党のバラ色の政策を斬る! (4)
一関・両磐から国会議員を (3)
政治とカネ (7)
小沢氏は天の声を説明せよ (5)
地域医療問題 (11)
事務所案内 (3)
活動報告 (83)
日記 (37)
お知らせ (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。