公式Webサイトをリニューアル致しました

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はしもとひでのりが提案する新しい政策⑦~政治とカネ

「政治とカネ」の問題が起きると、政治家は秘書に責任を押し付けて逃げてしまいます。
このようなことは許されません。
小沢前代表に関する西松建設からの不正献金事件や鳩山代表の不正な個人献金疑惑でも、秘書を切り捨てて本人たちは知らぬ存ぜぬを決め込んでいます。
こんな不誠実な態度に納得している国民はほとんどいません。
私は、秘書などの会計責任者が、政治資金収支報告書に虚偽記載などの違法行為をした場合、議員の責任を明確にするために、監督責任を問い公民権の停止を行なわなければならないと考えています。
与野党問わず、そこに悪があれば、それを罰するのは当たり前のことだからです。
スポンサーサイト

はしもとひでのりが提案する新しい政策⑥~ソフト産業に目を向けよう!

ryouisi
企業誘致と言うとすぐに工場の誘致を連想する方が多いのではないでしょうか。
しかし製造業だけが雇用の場ではありません。
コールセンターという言葉を聞いたことがあると思います。
テレビショッピングでおなじみですね。
フリーダイヤルで電話をかけるとコールセンターにつながるのです。
簡単に言うと、注文を受けたり、苦情を処理したりするところです。
今、そのコールセンターが地方に多く進出しています。
通信料が安くなったために、地方でも十分に採算が取れるようになったのです。
女性や若年層の雇用の場としてコ-ルセンターに代表されるソフト産業に目を向けていく必要があります。
(※写真は「おのでら有一県政報告会」両石会場)

はしもとひでのりが提案する新しい政策⑤~医療と福祉が地方経済を支える!

tukimousi
都会より地方で高齢化が進んでいるのは皆さんご存じのとおりです。
しかし、そんな高齢化が進んだ地方がもっとも医師や福祉施設が不足しているのです。
いや施設だけではありません。施設で働く職員も大幅に不足しているのです。
私は、医療と福祉の分野に思い切った予算を投入し、この分野で働く人々を増やすべきだと考えています。それは働く場が不足しがちな地方において職場を確保するという利点と、高齢者が多い地方においてサービスを向上させるという両方のメリットがあるからです。
医療と福祉への投資は国民の健康を守るだけでなく、地方経済を引っ張っていく重要な産業なのです。
(※写真は「くどう勝子県政報告会」附馬牛会場)

はしもとひでのりが提案する新しい政策④~宮城北部と連携せよ!

genbi
岩手県南部の経済発展のカギを握っているのは、宮城県北部に立地する自動車関連産業です。
トヨタの関連会社のセントラル自動車は本社を神奈川から移転することになっています。
工場の移転ではありません。本社ごと移ってくるのです。
両磐地方からは高速道路を利用しなくても、一時間程度で通勤できる場所に工場が立地することになります。釜石横断道や三陸縦貫道が開通すれば、気仙・釜石・遠野地域も通勤圏になります。
現在、自動車産業は世界的な不況に苦しんでいますが、ここ数年で必ず景気が上向き、日本経済を引っ張ってくれるはずです。
私は部品産業を育て、宮城北部から岩手県南に集積させることが地域経済に大きく貢献すると考えています。
雇用の場を安定的に確保するためにも製造業は欠かせません。岩手県南という「有利な地理的条件」をもっと活かしていくべきです。
(※写真は「はしもとひでのり君と語る会」厳美会場)

はしもとひでのりが提案する新しい政策③~漁業振興のカギは流通改革!

ando
現在、全国の漁業従事者は約17万人たらず。
そのうち約50%が60歳以上です。
高齢化が進んでいる産業ですが、他の食料と違い国内で自給できる数少ない産業の一つです。
私は、漁業振興のポイントは流通制度の改革だと考えています。
かつては漁港整備が漁業振興の中心でしたが、いま求められているのは、むしろ流通改革ではないでしょうか。
漁業者が少しでも多くの収入を得て、また消費者がちょっとでも安く魚を食べることができるような流通システムを構築する必要があります。
(※写真は「はしもとひでのり君と語る会」大槌町安渡会場)

前頁へ移動する  | HOME |  次頁へ移動する

携帯でもブログ はしもと日記

QR

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

橋本英教(ハシモトヒデノリ)

Author:橋本英教(ハシモトヒデノリ)
岩手県民で政治家。自民党岩手三区支部長。岩手の、そして日本の為に活動中です。

カテゴリ

未分類 (0)
橋本ひでのりが提案する新しい政策 (7)
地元、大船渡のために働きます! (3)
民主党のバラ色の政策を斬る! (4)
一関・両磐から国会議員を (3)
政治とカネ (7)
小沢氏は天の声を説明せよ (5)
地域医療問題 (11)
事務所案内 (3)
活動報告 (83)
日記 (37)
お知らせ (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。